特定技能1号と2号の違い

特定技能創設の目的

中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており、生産性や国内人材確保のための取り組みを行ってもなお人材の確保が困難である産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築するために作られました。

【特定技能1号】【特定技能2号】の違い

特定技能1号は、特定産業分野において 相当程度の知識または経験を持つ外国人に与えられる在留資格です。

外国人がすでに持っている知識や経験を生かして日本で就労します。

特定技能2号は、「熟練した技能」を持つ外国人に与えられる在留資格です。

 そのため、 特定技能1号よりも2号の方がより高いレベルの技能水準を有しています。

お問合せ-KIB https://kib-japan.com/

関連記事

  1. 「特定技能」の在留資格で外国人を受け入れる際の手続きの流れ
  2. 入管法19条と資格外活動について
  3. 特定技能制度における賃金のルール
  4. 研修生と技能実習生について②
  5. 研修生・技能実習生について①
  6. 技能実習生の帰国時/退職時の処理
  7. 特定技能雇用契約の内容について
  8. 技能実習生について
PAGE TOP